マクロビオティック酵素による体内改善

マクロビオティック酵素は、野菜や野草、果物・穀物といった大地の恵みをマクロビオティックの父 久司道夫先生のレシピを忠実に再現し作られております。

マクロビオティック酵素は、現代人の腸内環境を優しく改善する発酵食品です。
前回のブログに引き続き、ANBジャパン株式会社がご提案する「ファスティング」についてご紹介をいたします。

ファスティングは体内の大掃除!

ファスティングは、それまでの生活習慣をがらりと変える、いわば「体内の大掃除」です。
変化が大きいほど、体に感じる衝撃も大きく、人によっては体調不安を感じることもあるかもしれません。

必ずしも心配しすぎることはありませんが、マクロビオティック酵素の水割りを飲んでも症状が治まらない場合は、無理をせず中止し準備期間からやりなおしましょう。

ファスティング期間中に起こる可能性のある症状と原因

  症状 考えられる原因 対処方法
  頭痛 普段の塩分摂取過剰
血流の改善
少量の天然塩を取る
体を温める
  眠気 カロリー不足、代謝不足 なるべく運動を避けて安静にする
  吐き気 胃酸の分泌 中断して準備期間からやり直す
  寒気 脂肪の減少 お湯を飲む
  吹き出物 普段の油脂バランスの悪さ、皮膚の再生 続けて様子を見る
  便秘・軟便等 固形物を取っていないため 続けて様子を見る

ファスティング期間中「吐き気」がある場合、「胃酸の分泌」が原因である可能性が高いため、ファスティングを中止し準備期間からやり直しましょう。

「吹き出物」や「便秘・軟便等」の場合は、ファスティングを続けて様子を見るようにしてください。

注意点・ファスティングに向かない方もいます

ファスティングは「体内の大掃除」と言いましたが、全ての方にとってプラスとなるわけではありません。
中には、ファスティングを行うのに向かない方もいらっしゃいます。

ファスティングは生活習慣を変え、体に大きな影響を与えるので、妊娠中の方や服薬中の方、大きな病歴のある方にはお勧めできません。
不安な方は、かかりつけ医等にご相談ください。

体内の改善には、普段の食事をマクロビオティックに基づいた体に優しいものに切り替えたり、「マクロビオティック酵素」を毎日摂取するなどして、時間をかけて行いましょう。

ファスティングをおすすめできない方
・妊娠している方、その可能性のある方
・服薬中の方(薬の吸収率が上がってしまいます)
・過去に心筋梗塞・脳卒中を起こしたことがある方
・心臓・肺・肝臓・腎臓・胃腸等に、なんらかの障害がある方
・中学生以下の方(筋肉、骨の発達・形成が未熟なため)
・ファスティング復食期間に食事会などを断れない方
(リバウンド、腹痛などの心配があるため)

 
 

マクロビオティックに基づいた食事とは

発芽玄米を主食に、野菜や穀類、発酵食品を中心とした食事です。
揚げ物など油や砂糖、食品添加物の多い食事を控えることのほか、暴飲暴食を避け、腹八分目以下に抑えることも大切です。
 
具体的な食材としては、豆、ゴマ、海藻類、野菜、小魚、きのこ類、根菜類などが挙げられます。伝統的な和食が代表例。
このような食事は腸内環境を整え、ファスティング準備期間はもちろん、普段から心がけることが健康維持に効果的です。
 

プチファスティングのすすめ

「2日も食事抜きは難しい」「ファスティングなんてできるか不安」とお考えの方は、プチファスティングから試してみましょう。

プチファスティングはいくつかのスタイルがありますが、どの方法でも定期的に長く続けるほど、良い効果が期待できます。
楽しく無理のない、ご自身に合った「ファスティング」の方法を見つけましょう。
 
プチファスティングのスタイル例
・毎週1日だけ「マクロビオティック酵素」のみで過ごしてみる
・朝・昼・夕食のうち、1食か2食を「マクロビオティック酵素」に置き換える
・毎食前にお水で割った「マクロビオティック酵素」をけつ1杯飲み、食事量を減らす
・毎晩20時までに夕食を済ませ、翌朝は「マクロビオティック酵素」だけにする。
 
いかがでしょうか?
是非お試しください。
 

ファスティングに関するよくあるご質問

ファスティングに関してよくいただくご質問とその回答をご紹介いたします。
マクロビオティック酵素によるファスティングにチャレンジしたいとお考えの方は、是非こちらのQ&Aを参考にしてみてください。
 
Q.ファスティングって、何? なんのためにやるの?
A.デトックスと内臓の休息が一番の目的です。

ファスティングでは通常の食事の代わりに酵素ドリンク等を取ることで「プチ断食」などとも呼ばれています。
普段、過食気味の現代人は、脂肪や糖分だけでなく、様々な有害物質を体の中に溜め込んでいます。
ファスティングにより蓄積された余分な有害物質を排出(=デトックス)することができるため、近年、ダイエットにも良い効果が望めると人気があります。

また、消化器官や内臓を休めるのも大きな目的の一つです。

私達の体は食道や胃などの消化器官で食べたものを溶かし、肝臓や腎臓で、体に有害な物質を分解処理し不要なものを体外へ排出する仕組みを持っています。

しかし飽食の現代では空腹になる時間が短く、内臓の負担が大きくなっています。
それに加え暴飲暴食や添加物、油脂たっぷりの食事や間食が続くと、体内の処理能力をオーバーし糖尿病や高脂血症などの生活習慣病になってしまいます。

普段から腹八分目を心がけ、体に害のあるものは避け、たまに内臓を休ませてあげることが大切です。
まずは腸内に有用な「マクロビオティック酵素」を食事に加えることから始めてみてはいかがでしょうか。

 
Q.ファスティングと断食って同じ?
A.ファスティングと断食は、似ていますが全く異なります。

ファスティングでは通常の食事の代わりに酵素ドリンク等を取ることで「プチ断食」などとも呼ばれています。
何も食べず水しか口にしないという断食は、きちんとした医師の管理指導のもとで行えば、良い効果があるという臨床結果があります。
ですが、素人が勝手にやるのはとても危険です。
栄養失調を招き、脳にブドウ糖が届かなくなったりしたら、意識も朦朧としてしまいます。

内臓にも負担なく体に必要な栄養素が取れる「マクロビオティック酵素」を使ったファスティングは、栄養失調になることがないので、体に無理なく安全です。
また、食事を抜くだけのダイエットは一時的に体重が減ることはあっても、その後かえって太りやすい体質になることもよく知られています。
「○○だけ食べる」といった単品ダイエットも同様です。

正しいファスティングを行うことで、脳が飢餓を感じることもなく、リバウンドの心配もありません。

 
Q.ダイエット効果はあるの? 一時的なものじゃない?
A.間違ったダイエットで痩せない体質の人には期待大です。

「食べてないのに太る」「昔はスマートだった」という方の多くは加齢や運動不足により代謝が落ちて太りやすい体質になっている可能性があります。
そんな方にとってファスティングはとても効果的です。疲れて機能低下した内臓をリフレッシュさせるだけでなく、腸内の善玉菌が元気になることで代謝能力がアップ、冷え症も改善します。

また、食べ過ぎ太りの方にも効果が見込めます。
ついつい食べ過ぎてしまうタイプの方には、ジャンクフードやファストフード好きが少なくありません。
こういった嗜好品の一部には中毒性があり、脳が満腹信号を出さなくなることがあります。
また、刺激の強い味と亜鉛不足のせいで味覚が壊れている方もいらっしゃいます。

「マクロビオティック酵素」ファスティング定期的に続けることで味覚が変化し、素材の味に敏感になります。
少量でも満足する体になっていくので、気付けばすっきりしているはずです。
「マクロビオティック酵素」には、体を浄化する働きがあります。

ファスティングの後にすぐまた暴飲暴食を繰り返せば、リバウンドは必至です。
ファスティングはあくまでも、体や味覚、食習慣をリセットして、正しい食生活へのスイッチを入れるきっかけです。

腸内フローラが改善されると、自動的にご自身に合った理想的なプロポーションが形成されるのです。
定期的に続けて、太りにくい体質を目指しましょう。

 
Q.どれくらい続けたらいい? 途中でやめたら逆効果?
A.無理をする必要はありません。

ファスティングは、初心者の場合、48時間を目安に行うことをお勧めします。
もちろん、慣れたら時間を延ばしていただいて大丈夫です。

最初のうちは空腹感が気になるかもしれませんが、慣れると体が軽く、気持ちも楽になっていきます。
ベテランになると、月に1度やらないと気持ちが悪いという人もいます。

仕事や家庭の事情で出来ないこともありますよね。
そんな場合は、1日1~2食を「マクロビオティック酵素」に置き換えたり、途中でやめても構いません。
無理をしてストレスになるほうが体には良くないからです。

ただし、絶対に気をつけなくてはいけないのが、ファスティング直後の食事の内容です。
内臓に負担のかかるもの、肉や油、味の濃いもの、消化に時間のかかるものなどをいきなり食べると、体がショックを受けて体調不良となります。

 

ファスティングにマクロビオティック酵素が適している理由

固形物を取らずに必要な栄養素を取るファスティングには、植物発酵エキスの「マクロビオティック酵素」が最適です。
その理由は、「マクロビオティック酵素」ならたくさんの栄養素を効率よく取ることができるからです。

「マクロビオティック酵素」には、添加物も白砂糖も、カプセルの糖衣のような不要物も含まれておりません。
味を良くするために果汁を加えたり、後から美容成分や栄養素を加えることも一切ありません。

一物全体。
「マクロビオティック酵素」は自然と時間がじっくりと渾然一体に仕上げた本物です。

肝臓や腎臓を休ませながら、空腹感を抑え、酢酸が体を温めて、安全に体内リセットが出来ます。

腸内環境が整えば若さも美しさも健康も向上。
外食続きの時も「マクロビオティック酵素」を活用してください。

マクロビオティック酵素を活用した商品開発や無農薬農法ならANBジャパン株式会社

マクロビオティック酵素による商品開発や無農薬農法など、マクロビ酵素のことなら
ANBジャパン株式会社へご相談ください。
マクロビオティック創始者のレシピを忠実に再現した酵素を活用した
商品開発を行う連携企業を募集しております!

〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-1-3 MKビル
受付時間:9:30~17:00 定休日:土日祝日
電話番号:03-6912-7701
http://www.anbjapan.com/